RSS | ATOM | SEARCH
自然観察と散策路整備

コロナ禍の影響で活動ペースをスローモードにしていた

里山クラブですが、何やら、そろそろ元気に活動再開しても

良い状況になりつつあるような気配を感じています。

 

今回の定例会はさしずめ再起動前のウォーミングアップとして

町有林の散策路の整備活動を行いました。

 

 

 

今回も充分に間隔を取り、マスクもなるべく着用での活動です。

会長の挨拶は、まさに「このコロナ禍に思う事」でありました。

 

 

 

 

 

 

今回は、町有林の整備活動を行いつつ、町有林の植生や歴史について

輪湖さん説明をして頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

今回の為に輪湖さんがまとめてくれた資料。

「6月の里山観察 —里山クラブの手入れ経歴と現状を観察する―」

と題されています。

 

 

 

 

 

全員揃ったようなので、出発進行! 入山します。

 

 

 

 

 

 

要所要所で講師の輪湖先生の町有林の植生についての講義が始まります。

輪湖さんは流石に森林インストラクターだけあって、説明がとても上手。

 

 

 

 

 

 

輪湖先生の講義を聞く生徒達。

 

町有林の入り口付近では、一番高い木、中ぐらいの高さの木、

人間の背丈ぐらいの木、そして草、という風に4段階ぐらいの大きさ

の植生が丁度バランスが良いとの話でした。

 

 

 

 

 

 

散策路の途中で「木苺」を発見。

もちろん、その場で美味しく頂きました(笑)。

 

 

 

 

 

これはヒノキの実生だそうです。

松の実生は沢山ありましたが、ヒノキはちょっと珍しいかも。

 

 

 

 

 

お、ちょっとこの倒木は散策路に突き出ていて邪魔だな、

 

 

 

 

 

 

 

早速、野口さんが手ノコで邪魔な倒木の片付け。

熟練の技で手早く片付けてくれました。

 

 

 

 

 

マツ林区の入り口で、何かの無残な残骸を発見。

あ!これは、ひょっとして…

 

 

 

 

 

 

そう、これは町有林を散策する人を楽しませていた、

あの「木琴テーブル」の残骸だったのです。

 

野口さん曰く、

「やっぱり台になる木は皮をむかないとすぐ虫が入ってダメになるな」

 

これはまた木琴テーブルを再建しないといけないですね。

 

 

 

 

マツ林区から第二展望台に向けて進む御一行。

 

 

 

 

 

 

眺めの良い第二展望台で一休みです。

 

 

 

 

 

 

「この展望台は、小川の里山の過去・現在・未来を見渡す展望台なんだよ」

佐藤会長が熱く語ります。

 

 

 

 

 

第二展望台から更に奥に進み、町有林の一番高い場所にやってきました。

輪湖さんの説明でだと、ここで標高163mの高さなんだそうです。

 

 

 

 

 

 

 

画像では分かりにくいかも知れませんが、平山さんが手をかけている木の

根っこの辺りにある窪みは、戦時中に「松根油」を採取する為に掘られた

ものではないかと、輪湖さんは考えているそうです。

 

 

 

 

 

 

花の種類は不明ですが、小さな可愛らしい花を咲かせていました。

 

 

 

 

 

 

今日は講師の輪湖先生に沢山の為になるお話を伺えました。

輪湖先生ありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

今日の定例会も無事に終了しました。

 

来月の定例会は、楮畑の草刈りです。

そして、その日の午後に故リチャード・フレイビンさんのお別れ会を

予定しているとの事です。詳細は、定例会のお知らせハガキでお伝え

する事になると思います。

 

今日参加された皆さん、お疲れ様でした!

 

 

 

<本日のおまけ>

 

小さな紫色の「ウツボグサ」の花に止まる蝶々。

 

author:satoyamaclub, category:町有林, 16:16
comments(0), -, -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 16:16
-, -, -
Comment