RSS | ATOM | SEARCH
第二部 「リチャード・フレイビン」さんのお別れ会

午前中の楮畑の草苅作業に引き続いて、

第二部「リチャード・フレイビン」さんのお別れ会が

体験広場で開かれました。

 

 

 

午後二時、会場には既に沢山の人達が集まっていました。

 

 

 

 

 

金子 美登さんもお見えになられました。

 

 

 

 

 

会場にはリチャード・フレイビンさんの資料が展示されていました。

 

 

 

 

 

佐藤会長入魂の追悼文

 

「この花は五月の里山で出会った花です

 この花弁一つひとつが

 私たちの心にフレイビンが咲かせた花です

 出会いと感動、勇気と未来

 夢を咲かせた野の花です」

 

 

小川町里山クラブ youyou

会員一同

 

  

 

 

フレイビンさんがラジオ深夜便で取材を受けた事もありました。

8月1日のラジオ深夜便では、そのフレイビンさんの放送回の

再放送を行うとの事です。

 

 

 

 

 

 

金子 美登さんと奥さま。

 

 

 

 

 

 

 

ツリーハウスのステージ上にはこのような祭壇が設置されていました。

素朴だけど美しい、里山クラブらしい祭壇です。

 

 

 

 

 

 

 

司会を務める輪湖さんの挨拶によって会は始まりました。

 

 

 

 

 

 

 

そしてフレイビンさんと40年以上の付き合いになる佐藤会長からの送る言葉。

 

 

 

 

 

 

 

祭壇の横での、犬木さんのアイリッシュハープの演奏。

 

 

 

 

 

 

森の木立の中に美しく響き渡るハープの音色はまるで白昼夢を

見ているかのようでした。犬木さん素晴らしい演奏をありがとうございました。

 

 

 

 

 

次は、志方棟梁による尺八の演奏。

枯れた尺八の音色が儚く響き、まるでフレイビンさんが魅了され続けた

「東洋の美」を体現しているかのようでした。

志方棟梁、素晴らしい演奏をありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

フレイビンさんの奥様の挨拶。

コロナ禍の影響で、入院中は面会もままならない状況であった事が

明かされましたが、病院スタッフの尽力により、最後はフレイビンさんを

ご自宅に迎える事が出来たとの事でした。

 

フレイビンさんにとって、アートとは作品というよりも「生活そのもの」

だという言葉に奥様同様、我々も感銘を受けました。

 

 

 

 

 

最後にフレイビンさんと一緒に「二人展」を開いていた

芸術家仲間で盟友である関口さんに、フレイビンさんがどのような

病気でお亡くなりになられたのかの詳細な報告をして頂きました。

 

 

 

梅雨のさなかの今日、連日の雨がまるで嘘のように晴れ渡ったのも、

フレイビンさんの御霊が天から里山クラブや関係者の皆さんを

見守ってくれたからではないかと思えました。

 

これからも我々は、フレイビンさんの生き様や思想を引き継いで、

フレイビンさんが大好きだった小川町の自然と共に生きていきたいと思います。

 

 

リチャード・フレイビンさんのご冥福をお祈りいたします。

どうか安らかにお休み下さい。

 

 

 

author:satoyamaclub, category:体験広場, 16:50
comments(0), -, -
2020年里山クラブ総会

本来は4月29日に開催する予定でした里山クラブの総会ですが、

新型コロナウイルス感染拡大予防の為、本日、5月31日に開催日が

延期になりました。

 

 

非常事態宣言は解除されたものの、まだ予断は許さない状況が続いている為、

今回の総会は、親睦会とコンサートは中止し、「三密」にならないように

充分に注意を払った形で、会場もいつもの町有林の第一展望台ではなく、

体験広場で行うという異例尽くしの総会となりました。

 

 

 

会場となる体験広場では平山さんが焚火に薪をくべています。

 

体験広場での総会は初めてになりますが、こうして焚火を囲んでの

総会もなかなか良いですね。

 

 

 

 

 

炭焼き小屋の前で、会計の犬木さんが会費を集めています。

 

千葉県のおゆみ野に転居された野見山さんからは、会費が書留で

届きましたが、野見山さんの律義さにクラブ一同、頭が下がる思いです。

 

野見山さんは千葉でお元気にされているそうですが、今回の総会は

コロナウイルスの事もあり、県を越えての参加は自粛するとの事でした。

 

 

 

 

 

体験広場にお子さん連れの若いお母さんがやって来ました。

 

 

 

 

 

 

この若いお母さんは、小川町で有機農業をされている赤堀さんです。

この度、里山クラブの新会員として一緒に活動してくれる事になりました。

 

赤堀さん、これからもよろしくお願い致します!

 

 

 

 

 

会員の皆さんが集まりましたが、皆さん基本マスク着用で、

「三密」にならないようにソーシャルディスタンスを保つように

気を付けています。

 

 

 

 

 

ツリーハウスの3階からの撮影。

炭焼き小屋の屋根が綺麗に修繕されているのが分かりますね。

 

炭焼き小屋の屋根は「三菱UFJ環境財団」様の助成金で修繕しました。

 

 

 

 

 

いつものように馬場先生の挨拶で総会が始まります。

 

 

 

 

 

 

 

燃え盛る焚火を目の前にして、創立20周年を迎えた里山クラブの

歴史を熱く語る佐藤会長。

 

 

 

 

 

機関誌「雑木林」の最新号を手に、昨年中の活動の総括をする佐藤会長。

 

昨年は、特に台風の猛威が事に印象的で、15号では千葉の野見山さん宅も

被害に遭い、19号では馬場先生宅の庭先に流木と土砂が大量に流れ込み、

里山クラブの有志で片付けを手伝った事もありました。

 

 

 

 

 

そして、最後に佐藤会長から悲報が伝えられました。

 

里山クラブ創立時から、クラブの活動の精神的な支柱として

大きな存在だった、和紙作家のリチャード・フレイビンさんが

5月11日に逝去されたのです。

 

佐藤会長にとっても、大事な友人だったフレイビンさん。

会長はフレイビンさんへの想いを熱く語りました。

 

 

 

 

 

そして、フレイビンさんの一番弟子である書道家の宍戸さんが

今回の総会に参加し、師であるフレイビンさんの思い出を話して頂きました。

 

ここ数年は病に苦しみ、入退院を繰り返していたフレイビンさんでしたが

その死に顔はとても安らかだったとの事です。

 

師の意志を受け継いでいる宍戸さん、これからもよろしくお願い致します。

 

 

 

 

会計の犬木さんからの会計報告。

 

 

 

 

 

そして毛利さんからは、三菱UFJ環境財団様から頂いた助成金に関する特別会計報告、

そして毛利さんがまとめた「里山保全活動報告書」について説明をして頂きました。

 

 

会計という大変な仕事を引き受けてくれている犬木さん毛利さん

本当にありがとうございます!

 

 

 

 

新会員の赤堀さんのご挨拶。

お子さん連れでの参加、若いお母さんならではの感性で、

里山クラブの活動に花を添えて頂けるのではないかと期待しております。

 

 

 

 

 

 

「東洋経済オンライン」の

 

『 「里地里山ツアー」コロナ収束後を見据えた端緒
  新機軸探る屋久島や埼玉県小川町の取り組み 』

 

と題する記事に、

「身近だが実は登ったことのない里山を土地の人に案内してもらう山歩き」

の案内人として野口さんの事が紹介されました。

 

下記のURLから読めますので是非ご覧になって下さい。

 

https://toyokeizai.net/articles/-/351009

 

 

 

 

「たまりんど」主人の平山さんは、今日で閉店する「たまりんど」

の思い出について語って下さいました。

 

「たまりんど」も里山クラブとは関係の深いお店でしたので、

やはり閉店されるのはとても寂しいですね。

 

 

 

 

 

輪湖さんは、農家として種苗法改正に関する様々な問題を提起。

 

 

 

 

 

 

鈴木さんは、比企丘陵に生息する野鳥に関する報告をしてくれました。

 

 

 

 

 

 

 

いつもなら、この後に皆でお酒を酌み交わしながら懇親会をして、

森のコンサートを楽しむのですが、今回はお菓子とお茶で我慢です。

そういった意味では今回の総会は少し寂しい気もしますが、

こうして体験広場で焚火を囲みながら各人の報告に耳を傾けているだけで

20周年を迎えた里山クラブの歴史の重みや活動の充実ぶりが実感できたと思います。

 

今日参加された皆さんお疲れ様でした!

author:satoyamaclub, category:体験広場, 15:28
comments(0), -, -
緊急連絡<総会延期のお知らせ>

 

4月29日に予定されていました里山クラブの総会ですが、

新型コロナウイルス感染症の流行が拡大している状況を受け、

参加者および関係者の健康と安全を最優先に考慮し、

5月31日に延期になりました。

author:satoyamaclub, category:体験広場, 16:44
comments(0), -, -
シイタケ、ナメコの駒打ち

3月になり、小川町の里山も春の装いに移ろいつつあります。

昨日は雪もちらつく冬に逆戻りしたような寒さでしたが、

今日は一転して、爽やかな快晴となり、キノコの駒打ちには

絶好の作業日和となりました。

 

 

 

 

ツリーハウス初体験の荒井さんのお孫さん達。

二人とも、毎年キノコの駒打ちにお手伝いに来てくれています。

 

 

 

 

 

ふと炭焼き小屋を見ると、なんと屋根が綺麗に修理されているでは

ありませんか!

 

 

 

 

 

毛利さんが、大工さんを呼んで屋瓦を修理してもらったと教えて

くれました。よく見ると、樋も直っていて、しかもこの樋、竹製なんですよ!

竹ってところが、また里山クラブらしいですね(笑)

 

 

 

 

 

荒井さんのお孫さんと再会する佐藤会長。

「また、大きくなったな!」

佐藤会長が驚くのも無理はありません、

上のお姉ちゃんはもう中学生、下の僕ももう二年生ですからね。

 

 

 

 

 

なんと今回は、体調を悪くされて以来しばらくお休みしていた

志方さんが久しぶりに顔を出してくれました!

佐藤会長も志方棟梁との再会に喜びを隠せないようです。

 

 

 

 

 

今回の作業手順を説明する佐藤会長。

会長曰く、今年の冬は本当に異常でいつもならキノコの菌は

冬は眠りこけている筈なのに、今年の冬は1〜2月でも菌が活発に

活動をしていたとの事。まったくこんな事は初めてだと。

 

 

 

 

 

そして、志方棟梁からも近況の報告がありました。

それにしても棟梁、お元気そうで本当に何よりです!

 

 

 

 

 

 

電動ドリルでホダ木に穴を開ける作業をする輪湖さん。

こうしてホダ木に穴を開ける係と、穴を開けたホダ木に菌を駒打ちする係

に分かれて作業を行います。

 

 

 

 

 

 

 

毛利さんも手慣れたもので、ドリルで軽快に穴を開けていきます。

 

 

 

 

 

 

 

平岡さんの使用しているドリルはなかなかの性能で、ストレスなく

穴あけの作業が出来る優れモノでした。

毛利さん曰く「やっぱり道具だね〜。」

 

 

 

 

 

久しぶりの再会に旧交を温める志方棟梁と佐藤会長。

きっと色々と積もる話もあるんでしょうね。

 

 

 

 

 

 

荒井さんのお孫さん達もかいがいしく駒打ちのお手伝いをしてくれています。

 

 

 

 

 

 

志方棟梁も駒打ちで見事な金槌さばきを披露してくれました。

「どうじゃ、ワシのこの元気な姿!」いや、お見事でございます!

 

 

 

 

 

 

女性陣は、作業しながら世間話に花を咲かせていました。

世間では新型コロナウイルスが猛威を振るっていますが、

ここではそんな世界の騒乱がウソのような、ウグイスの鳴き声がこだまする

いつもの、のどかで牧歌的な里山のままでした。

 

 

 

 

 

一方、高橋さんは黙々と作業に集中。

 

 

 

 

 

 

 

 

加治さんが使っている木槌は、秋田仙人こと、故秋田さんの手作りの木槌。

加治さんはずっとこの木槌を愛用しているとの事。

里山クラブには秋田さんが作ってくれた木製の道具を愛用している人が多いですね。

きっと今頃本当に仙人になった秋田さんが、木槌を使う加治さんを

空の上から嬉しそうに眺めている事でしょう。

 

 

 

 

 

じいじとお孫さんで一緒に駒打ちの作業。

荒井さんもお孫さんに囲まれて幸せそうです。

 

 

 

 

 

 

本日の作業の成果。これは今日参加した人へのお土産になります。

 

 

 

 

 

 

 

里山クラブのイベントでも人気の高い春の駒打ち作業も無事に

終了しました。

 

 

今日参加された皆さん、本当にお疲れ様でした!

author:satoyamaclub, category:体験広場, 14:27
comments(0), -, -
第19回里山まつり

実りの秋は、日本全国的にお祭りの季節ですね!

我が小川町里山クラブでも今日、秋のビッグイベント、

「里山まつり」が開催されました!

 

 

 

緑に囲まれた会場の入り口にはためくのは、おなじみの横断幕!

さあ今年は一体どんなお祭りになったのでしょうか?

 

 

 

 

 

会場では女性陣が食事の準備に大わらわです。

里山まつりの御馳走と言えば、きのこ汁ですよね。

 

 

 

 

 

 

そしてもう一つの御馳走、お餅!

荒井さんが、お餅の元になるもち米を炊いています。

 

 

 

 

 

 

平山さん高田さんと一緒にいるのは、なんと!

野見山さんじゃありませんか!お久しぶりです!

わざわざ千葉のいすみ市から、始発電車で3時間半もかけて小川町に

来てくれたとの事、本当に遠路遥々ありがとうござます!

 

 

 

 

 

 

 

 

今年の焚火にはやけに大きな薪がふんだんに使われていると思ったら、

この薪は全部、台風19号の時に馬場先生の自宅の敷地内に押し寄せた

流木でした。里山クラブの皆で片付けを手伝いましたが、確かに

凄い量でしたからね。

 

 

 

 

 

毛利さんと野口さんはツリークライミングの準備に余念がありません。

 

 

 

 

 

 

毛利さんの実演しながらの説明に、感嘆の声を上げる一同。

 

 

 

 

 

 

そうこうしている内にもキノコ汁も出来上がりつつあるようです。

 

 

 

 

 

 

 

ツリーハウスの三階から会場を俯瞰で撮影してみました。

ツリーハウスのお陰で、こういう構図でも撮影出来るようになりました。

 

 

 

 

 

食事の準備もひと段落した所で、馬場先生のあいさつで

里山まつりがいよいよ始まりました!

 

 

 

 

 

 

 

そして、ミスター里山こと、佐藤会長のあいさつです。

里山まつりも今年で19回目を迎える事になり、第一回目からの歴史

を振り返るお話をして頂きました。

 

 

 

 

 

 

毎年高齢のお餅つき。

平山さんは、長身を活かしたパワフルな杵さばきに定評があります。

 

 

 

 

 

 

調理場で、焼き芋作りの為の新兵器を披露する水上さん。

その新兵器とは、ダッチオーブン!

ダッチオーブンを使って焼き芋を作るとお芋全体に熱が均等に

伝わって美味しいく焼きあがるようです。

 

 

 

 

 

小川町の老舗、大塚紙店の社長大塚暁さんも駆け付けて来てくれました!

今日は午後から、ご自身がリーダーを務めるバンド「T-rash(トラッシュ)」

でコンサートに参加する予定です。

 

 

 

 

 

日本中で猛威を振るい、特に千葉県で甚大な被害を出した台風15号

の時の体験談を語る野見山さん。

野見山さんのお宅も被害に遭われて大変だったそうです。

そんな野見山さんに、佐藤会長は災害を乗り越えてがんばろう!

というエールを送りました。

 

 

 

 

 

会場の脇の道路に何故か山羊が出現???

山羊さん達、夢中で草を食べてますね(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

どうやら長倉さん宅で飼っている山羊さん達だったようです。

体験広場の草は美味しいかい?

 

 

 

 

 

 

 

午後のコンサートに合わせてミュージシャン達も集まり、

リハーサルを開始しました。

 

 

 

 

 

 

焚火の周りでは矢代さんの奥さん達が、篠にパンを刺して焼いてました。

 

 

 

 

 

 

パーゴラの下では、レイさんや兜守さんの奥様(エミリアさん)、

そしてバイオリニストのリカさん夫妻がお食事中。

 

 

 

 

 

 

 

コンサートのトップバッターは、今回初参加のウクレレとベースによる新進気鋭

の女性二人組ユニット「oga-st(オガスト、小川町ストリングスの略)」。

 

女性ならでは優しい音色と歌声は、まるで音楽のマイナスイオン、

癒し効果抜群の素晴らしい演奏でした。

 

 

 

 

「oga-st」の演奏は、まるで音の森林浴。

まさにこの会場にうってつけの音楽でした。

 

 

 

 

 

 

矢代さんの息子さん、たいち君を抱きかかえる佐藤会長。

「だいぶ大きくなったのう」

 

二人がここで会うのも昨年の蛍の鑑賞会以来でしょうか。

 

 

 

 

 

次のミュージシャンは、今や小川町のローカルバンドとして、

躍進目覚ましい?「T-rash」の皆さんです。

 

バンドのボーカル件キーボード担当の矢代さやかさんの息子さん

たいち君も今日はママの近くで鑑賞です(笑)。

 

一曲目に披露した「いにしえの町」は、大塚暁さん作詞・作曲の

オリジナル曲で、小川町の事を歌った、このバンドの看板とも言える良曲。


 

 

 

 

 

ドラム・パーカッション担当の脇元さんは、IT会社の社長さん。

今回のコンサートではPAも担当して頂いて、本当に助かりました!

 

そして今日は不参加ですが、有機農家のカフェバー「トランジット」の店主

田中慎太郎君もバンドメンバーです。田中君の作詞・作曲のロックナンバー

「くるくる回る」も今回初披露。この曲もノリの良い演奏に乗せて、

大量消費社会を鋭く批判する歌詞を歌うエネルギッシュな良曲です。

 

 

 

 

 

 

「T-rash」による元気なバンド演奏から一転して、今度は満天座

の岡本さんがソロで、大地に根差した歌詞を力強く歌い上げます。

 

 

 

 

 

 

岡本さんのソロの後に、昨年の11月に急逝された「カブトクラブ」の

リーダー兜守さんの事を奥様のエミリアさんがお話されました。

 

兜守さんは、本当に里山クラブでの演奏を毎年楽しみにしてくれていて、

この里山とそこに集う人達を心から愛してくれていたと思います。

ご冥福をお祈り致します。

 

 

 

 

「カブトクラブ」のバイオリニスト、リカさんとそのご友人で

所沢から駆け付けて来てくれたギタリスト、平野さんのコラボ。

 

お二人とも華麗なテクニックを駆使しての素晴らしい演奏で我々を

魅了してくれました。

 

 

 

 

 

お二人の高度な演奏技術に、聞いている皆さんも釘付けです。

 

 

 

 

 

 

 

山羊さんも思わず釘付け(違うか…)。

 

 

 

 

 

 

ちびっこ達もノリノリ(笑)

 

 

 

 

 

 

こちらでは、水上さんがツリークライミングに挑戦中。

 

 

 

 

 

 

 

野口さんの指導を受ける水上さん。

人生初クライミングの感想はどうでしたか?

 

 

初ツリークライミングの感想は
「足が地につかない、重力を感じながらの宇宙空間の不自由さ」
という感覚が新鮮でした。
きっと10代20代に体験してたら何かが体内で覚醒したかも知れません。
恐怖感が好奇心と同じくらいありました。(水上さん談)

 

 

 

焚火で焼かれているものは…なんと、ミカン!

焼きりんごならぬ、焼きミカンって美味しんですか??

 

 

 

 

 

 

楽しかった里山まつりもいよいよ大詰め、コンサートのトリを

飾るのはもちろん、この方々「満天座」の皆さんです!

新メンバーのベースの岩城さんは、今回が体験広場初デビュー。

 

小川町の風土に根差したフォークバンドだから、コンサートのトリは

毎年、佐藤会長のご指名で「満天座で」と決まっているのです。

 


 

 

 

 

 

コンサートも無事に終了して、佐藤会長による閉会の挨拶です。

 

今年の里山まつりは、久しぶりに沢山のゲストの皆さんをお迎えして

非常にバラエティーに富んだ充実した内容になりました。

 

これも一重に会長以下、会員の皆さんの日頃の努力の賜物ではないでしょうか。

これからも皆で協力して里山クラブを盛り上げて行きたいですね!

 

今日参加して頂いた皆さん、本当にお疲れ様でした!

 

 

 

 

<本日のおまけ>

 

 

そして、祭りの後に残ったのは…佐藤会長、高橋さん、長倉さんの三人。

三人で焚火を囲みながら、しみじみと里山クラブの過去と未来について

語り合っていました。賑やかなお祭りから一転して、物静かで贅沢な

大人の時間、という雰囲気でした。

 

 

 

 

<おまけその2>

 

里山まつりの翌日の早朝に水上さんが撮影して来てくれた

朝日を浴びるツリーハウス。ちょっと神秘的ですね。

 

「終わりはまた次の始まりを生みます。」(水上さんのコメント)

 

水上さん、素敵な写真ありがとうございました!

 

 

 

 

 

author:satoyamaclub, category:体験広場, 18:26
comments(0), -, -