RSS | ATOM | SEARCH
特別企画 「みんなで田植え」

今にも雨が降り出しそうな梅雨空の下、

野口さんちの田んぼで田植えを行いました。

 

 

ここが野口さんちの田んぼ。今年もお世話になります!

 

 

 

 

 

このソーラーパネルで、田んぼを荒らす不埒な猪を避ける為に設置する

電気柵用のバッテリーをチャージしているのです。

 

最近の農業はハイテクなんですよ、奥さん。

 

 

 

 

 

今回久しぶりに参加してくれた矢代さん。

野口さんに田植えの仕方をレクチャーしてもらっています。

 

 

 

 

 

 

準備も整ったところで、いざ田植えスタート!

今日は、あいにくの梅雨空だった為か、参加人数が少なめで、

一人が担当する幅がいつもよりも広めになってます。

 

 

 

 

 

昨日は同窓会で夜遅くまで呑んでいた佐藤会長。

今朝は、朝風呂に浸かり、迎え酒してから田植えに望むという

酒仙ぶりを発揮。それでも足腰がふらつかないのはさすがです!

 

 

 

 

 

 

平山さん、野口さんも慣れたもので、安定したペースで稲を

次々に植えていきます。

 

 

 

 

 

皆さんの奮闘の甲斐もあって、あっという間に田んぼの半分を

過ぎていました。残りはあと少し、ラストスパートです!

 

 

 

 

 

矢代さんの奥様と、ご子息のたいち君も見学に来てくれました。

 

 

 

 

 

田植えの完了した、田んぼ。

今回植えたのは「もち米」で、秋に収穫をして「里山まつり」で

お餅つきをします。

 

 

 

 

 

 

たいち君もお父さんに抱きかかえられながら、初田植えに挑戦!

上手に稲を植えられたかな?

 

 

 

 

 

上手に出来て、この満面の笑みです!

 

 

 

 

 

佐藤会長の奥様が差し入れを持って来て下さいました。

 

 

 

 

 

 

これは手作りの梅ジュース。甘酸っぱくてとても美味しいです!

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、お赤飯のおむすび。これもご馳走です!

 

労働の後、里山の緑の中で食べるとまた格別の味がします。

 

 

 

 

 

 

皆さんのお陰で田植えも無事に終わらす事が出来ました。

今日参加された皆さんは本当にお疲れ様でした!

 

 

明日は、6月の定例会で体験広場の整備とステージ作りの続きを行います。

 

 

 

 

 

 

author:satoyamaclub, category:田んぼ, 14:17
comments(0), -, -
田んぼの田植え
午後の部は輪湖さんの田んぼで、秋に行う「里山まつり」の時に
食べるお餅の、もち米の田植えの作業を行いました。




目の前に広がっているのが、輪湖さんの田んぼです。

鶯やホトトギスの鳴き声が周囲の里山から聞こえる、のどかな
田園風景が広がっています。






まずは輪湖さんから、稲の植え方をレクチャーして頂きました。







準備が出来たら、一列に並んで…よーい、ドン!


 


皆さん、一斉に田植えをスタートです。

おやおや、よく見ると田んぼの中に何か碁盤の目のようなマスが
書かれていますね、これは一体なんでしょうか?


実はこれ、この碁盤の目の十字の部分に稲を植えて行く目印なんですね。
これがあるお陰で等間隔で稲を植える事が出来る訳です。





田んぼのあぜで、でっかいフォークのようなものを見つけました。
これは一体…?

これが、先ほどの碁盤の目を田んぼに線引きする為の道具なのです。

輪湖さんにこの道具の名前を聞いたところ「線引き」との答えが…
そのまんまですね(笑)。




線引きの実演を輪湖さんにして頂きました。
こうやって引っ張っていくと、田んぼに綺麗に線を引く事ができます。





暑い中、皆さん黙々と稲を植えながら前進していきます。






鈴木さんも志方さんも膝まで泥に浸かりながら、がんばってます。







皆さんの奮闘のお陰で、もち米の稲の田植えが無事に完了しました。
秋の稲刈りが待ち遠しいですね!


輪湖さんの田んぼの広さは、手前から奥の端までで「五畝(ごせ)」。
そして、五畝の田んぼが二枚で、「一反(いったん)」になるそうです。
うーん、勉強になるなあ。





治美さんが田んぼで見つけた「カブトエビ」です。

小さいけれど、これも「生きた化石」なんだそうです。
田んぼには色んな生き物たちが棲んでいるんですね。



今日は初夏の日差しも厳しかったのですが、輪湖さんのご指導でとても
楽しく田植え体験が出来ました。輪湖さん、本当にありがとうございました!
author:satoyamaclub, category:田んぼ, 21:33
comments(0), -, -
田んぼの稲刈り作業
<田んぼの稲刈り作業>

今日は秋晴れの快晴、絶好の稲刈り日和!と思ったのですが、
気温はぐんぐん上昇して、なんと30度近くまで上がり、ほとんど真夏日に…。
それでも、みんなでがんばって稲刈り作業をしました。


 

はじめに輪湖さんから、稲刈りについてご指導をして頂きました。

  

 
 

左手前は平山さん親子。いつもお子さんと一緒に参加している優しいお父さんです。

 
 


 
お父さんが鎌の使い方から一つ一つ丁寧にお子さんに教えてあげています。
上手に稲刈り出来たかな?


 
 
 
 
 
 
輪湖さんが刈り取った稲の束ね方をレクチャーしてくれました。
稲を藁でぐるぐると巻いて束ねます。

 
  
 
 

束ねた稲を「馬」と呼ばれるハザに掛けて天日干しをします。
この地方では、これを「馬かけ」と呼んでいます。


 
 
 
今年は豊作で美味しいお米が沢山取れそうです。
みなさん、今日は暑い中、本当にお疲れ様でした!
 
 
author:satoyamaclub, category:田んぼ, 15:33
comments(0), -, -