RSS | ATOM | SEARCH
ツリーハウス作り その11

長かった梅雨がようやく明けたと思ったら、連日の猛暑にうんざり、

という方も多いのではないでしょうか?

本当に日本の夏はいつからこんなにも過酷な季節になってしまったのでしょうか?

 

そんな猛暑にもめげずにツリーハウス作りは粛々と進行しています。

 

 

 

 

久しぶりに見たら、三階部分の手すりがほぼ完成に近い状態になってました。

 

 

 

 

 

 

 

ツリーハウスの「天守閣」もだいぶ形になってきましたね!

 

 

 

 

 

 

 

 

毛利隊長は、足場に乗って三階の梁の部分を掃除中。

 

 

 

 

 

 

 

三階から見た二階ステージ。

優しい木漏れ日が降り注ぐ休憩所になっています。

 

 

 

 

 

 

 

三階から見た一階ステージ。

結構な高さがあるのが分かると思います。

一階も木陰が多く水辺でもあるので、日なたに比べればかなり涼しいです。

 

 

 

 

 

 

そして、三階から見た炭焼き小屋。

こんな風に俯瞰で見ると見慣れた風景も新鮮に見えます。

 

 

 

 

 

 

 

さて、毛利さん今日の作業は?

 

「今日は人数も少ないし、三階の床材の塗装をやろう。」

 

ここまで出来てるから、もう後は完成を焦らずゆっくりやろうと言うのが

毛利さんの考え。

 

 

 

 

 

 

塗料の準備する毛利さん。

 

「俺が三階の梁を塗装すっから、狩野さんは床材を塗ってて。」

 

ラジャー!了解です。

 

 

 

 

 

 

 

塗料の缶を持って、三階へいざ出陣!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ここまで来たら、ゆっくり楽しみながらね!」

毛利さん、本当に楽しそうです。

たぶん、完成させる事よりも作っている「今」が一番楽しいんですよね!

 

 

 

 

 

 

 

 

一仕事終わったら、二階で休憩。

 

「今日は暑くなるから、午前で終わらそう。」

 

無理をせず、ゆっくり悠々と。

これが「小川町里山クラブyou-you」の名前の由来でもありますからね。

 

 

 

 

 

 

二階の支柱の一部はまだ皮が付いたままだったので、皮を剥ぐ作業もしました。

 

 

 

 

 

 

 

こうして見ると、まるで「要塞」…いや「砦」か?

 

 

 

 

 

 

のんびり世間話をしながら、床板の塗装。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

床板が貼られる前の三階から真下を見ると、

三角形の踊り場が設けられているのが分かりますでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

これは横から三階の下の部分を撮影したものですが、

三角形の踊り場が見えますね。

 

つまり、三階は二階からだけでなく、真下から直接三階へ上がれるように

なるみたいです。これも勿論、毛利さんのアイディア。

 

 

 

 

 

 

塗装も終わり、今日の作業は終了しました。

三階をこれからどう仕上げようかと、見上げながら思案する毛利さん。

 

 

 

 

 

 

 

 

三階がこれからどんな具合に仕上がるのかとても楽しみですね!

 

今日参加された皆さんお疲れ様でした!

 

次回の作業日は、8月10日(土)です。

author:satoyamaclub, category:体験広場, 14:24
comments(0), -, -
楮畑の草刈りと間引き

なかなか梅雨が明けませんね。

猛暑も困りますが、長い梅雨も困りものです。

今日は7月の定例会で楮畑の草刈りと間引きを行いました。

 

 

 

 

会長も長引く梅雨空の日照不足のせいで、今年は楮の発育が悪い事を

心配しておられました。

 

 

 

 

 

 

 

いつもならもっと「緑の壁」みたいに楮が立ちはだかっているのですが、

今年は、あきらかに楮の背が低いです。

 

 

 

 

 

 

 

輪湖さんは刈払機の調子が良くないので調整中。

 

 

 

 

 

 

 

こうして見ると緑全体に勢いが感じられない気がしますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

長倉さんは、久しぶりの参加ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして長倉さんのご長男、正弥さん(通称、マサやん)も初参加!

 

 

 

 

 

 

 

 

てか、マサやんの持ってる鎌、ちっさ!(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

加治さん晴美さんのお二人は、いつもおしゃべりしながら楽しそうに

作業しています。

 

 

 

 

 

 

 

いつもはツリーハウスの作業でがんばっている平山さんも今日は

楮の草刈りです。

 

 

 

 

 

 

 

 

佐藤会長は、頭に鉢巻きして奮闘中!さすが気合入ってます!

 

 

 

 

 

 

 

 

いつも穏やかな笑顔が印象的な荒井さん。

今日は久しぶりの参加ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもはツリーハウスの作業をバリバリこなしている毛利さんですが、

今日は楮畑の作業する人が少なかったので、こちらのお手伝いです。

でも午後からツリーハウスの作業の予定。

 

 

 

 

 

 

ここらで水分補給の小休止です。

今日は昨日ほど蒸し暑くなくて、作業するには丁度良い気温でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

佐藤会長からの差し入れの児玉スイカを分ける犬木さん。

 

 

 

 

 

 

 

 

会長は今年は日照不足でスイカも出来があまり良くないとおっしゃって

ましたが、なかなかどうして、甘くて美味しかったですよ!

 

 

 

 

 

 

皆さん談笑しながら、休憩中です。

 

 

 

 

 

 

 

 

今度は佐藤会長の奥様が梅ジュースを振る舞ってくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この梅ジュースが疲労回復に効くんですよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さあ、お昼までに残りの作業を片付けてしまいましょう!

 

 

 

 

 

 

 

平岡さん、どうやら今日の作業終わったみたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

草刈り間引きを行ってすっかり風通しが良くなった楮畑。

このまま梅雨が明けて夏空になれば、ぐんぐん成長していく筈…。

 

 

 

 

 

 

 

佐藤会長も今日はお疲れ様でした!

 

今日参加された皆さんもお疲れ様でした!

 

来月は里山クラブの活動はお休みです。

 

 

 

 

<今日のおまけ>

 

 

体験広場のツリーハウス、毛利さんが更にコツコツと作業を進めて

くれていたようなので、どんな風になったのかちょっと覗いてみましょう。

 

 

 

佐藤会長も今日の挨拶でツリーハウスは「毛利さんの作品」とか「城」

と呼んで絶賛していました。

 

 

 

 

 

 

三階部分がどうなったのか気になるところです…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おお〜!前よりも大分作業が進んでますね!

 

 

 

 

 

 

 

 

これもう三階もほとんど出来ちゃってませんか?(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

階段入り口には扉が設置されていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

階段脇の手すり部分も出来上がってますね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

階段の手すりもお洒落な感じに仕上がっているではありませんか!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三階に登ってみると、さすがに床板はまだ固定されていませんでしたが、

あともう一息で完成という感じですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

三階から一階のステージを見下ろすと、結構高いです…。

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の午後からの作業の打合せをする毛利さんと平山さん。

 

 

 

 

 

 

 

 

作業の前に腹ごしらえする毛利さん…。

 

これからどんな風にツリーハウスが仕上がるのか、とても楽しみですね!

次回以降の展開に乞うご期待です!

 

次回のツリーハウス作業日は8/3(土)の予定です。

author:satoyamaclub, category:楮畑, 18:42
comments(0), -, -
ツリーハウス作り その10

今日は午前中は久しぶりに太陽も顔を覗かせて、梅雨の合間の貴重な晴れ間

となりました。これは作業を進める絶好のチャンス!とばかりに、

毛利さんを始めとするいつも面々(毛利四人衆)もはりきって作業に臨みました。

 

 

 

 

三階を取り囲む足場も、毛利さんの手で既に組まれていました!

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、三階を支える支柱の基礎工事も既に完了済みです!

 

あの〜毛利さんって「こびとのくつやさん」なんですか?(笑)

 

 

 

 

 

 

 

早速、三階に登ってみる水上さん。そこからの眺めはどうですかー?

 

登ってみると分かるのですが、三階は結構高度感がありますよ〜。

 

 

 

 

 

 

 

作業に入る前に、水上さんと一緒にラジオ体操第一で体をほぐします。

イチ・ニ・サン・シ! ゴーロク・シチ・ハチ!

ニーニッ・サン・シ!ゴクローサン!

 

 

 

 

 

 

毛利さんは三階に使う角材の塗装から始めました。

 

 

 

 

 

 

 

三階で作業している毛利さん。

高所での作業なので、ヘルメットにハーネス安全帯を着用で安全第一です。

 

 

 

 

 

 

 

 

二階の床下では、平山さん水上さん狩野さんが梁の塗装前の

掃除を行っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

掃除が終わった所で、午前の休憩タイム。

 

 

 

 

 

 

 

 

この透明の瓶の中の液体は、水上さん自家製の梅シロップ。

これを水で割って飲むととっても爽やか!疲れも吹き飛びます。

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは平山さんからの差し入れのブラックベリー。

以前に輪湖さんから分けてもらった苗がお庭で大繁殖しているそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

早速、頂きま〜す。素朴な甘酸っぱさでとても美味しいです!

 

 

 

 

 

 

 

 

ほぼ完成した二階で休憩していますが、とても居心地が良いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

三階から撮影するとこんな感じ。

二階の床も十畳ぐらいのスペースはありますね。結構広いです。

 

 

 

 

 

 

 

掃除が終わった梁を今度は塗装していきます。

塗料は、市販の木材保護塗料に毛利さん自家製の柿渋をブレンド

した「毛利スペシャルブレンド」。こいつは効きそうだ!(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

作業中に先週角材を分けてくれた製材所の社長さんが訪ねて来てくれました。

 

「ほ〜随分と立派なもんを作ったねえ…。」と感心する社長さん。

 

 

 

 

 

 

 

お楽しみのランチタイム。

毛利さんは自宅でラーメンを食べる為に一旦帰宅してます。

 

いや〜それにしても、この二階のウッドデッキで食べるご飯の美味い事!

ちょっと贅沢な気分になりますね。

 

 

 

 

 

 

午後になって毛利さんが新しくツーバイ材を仕入れてやって来ました。

これを3階の材料するんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

3階で平山さんが作業をするので、ハーネスを着用しました。

そしてハーネスから伸びた命綱のロープを木に結び付けています。

 

 

 

 

 

 

 

 

しっかりとロープを結んでこれで安心して作業に臨めます。

 

 

 

 

 

 

 

 

毛利さんは先ほどのツーバイ材をホワイトで塗装中。

これを3階の一体何処に使うのかは、これからのお楽しみ。

 

 

 

 

 

 

一方、水上さんと狩野さんは二階の足場として使っていた

コンパネを外す作業です。

 

 

 

 

 

 

 

コンパネを外すと、隠れていた池も見えてスッキリしました。

 

 

 

 

 

 

 

毛利さんと平山さんの二人で行っている三階の作業も何やら

佳境に入ってきたようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

二人の奮闘のお陰で三階の梁の部分も今日で殆ど完成したみたいですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

早速登ってみる水上さん。お〜!いい眺め!

 

 

 

 

 

 


最後にコンパネを支えていた梁を一本外して、今日の作業は完了!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の作業も無事に終わり、皆さんお疲れ様でした!

 

 

 

 

 

 

 

三階の梁の部分、先端が三角形でとんがっているのが分かりますでしょうか?

これ、実は船の舳先をイメージしているんだそうです。

そう言われてみると、このツリーハウス全体がまるで船のように

見えてくるから不思議です…。これが「毛利マジック」でしょうか?

 

 

 

 

 

 

二階もほぼ完成し、三階も形になって来て、ツリーハウスが

これからどうなるのかますます楽しみなってきましたね!

 

今日参加された皆さん、お疲れ様でした!

 

次回の作業は、 7月21日(日) 里山クラブの定例会の時に

行う予定です。

 

author:satoyamaclub, category:体験広場, 17:41
comments(0), -, -
ツリーハウス作り その9

今年の梅雨は久しぶりに梅雨らしい梅雨になりましたね。

もう随分とすっきりと晴れた青空を見ていないような気がします。

今日も時折小雨がパラつく、どんよりとした梅雨空でしたが、

そんな天気にもめげずにツリーハウスの作業は続いています。

 

 

 

 

 

二階のステージ上には、毛利さんが雨除けのフライシートを張ってくれていました。

 

 

 

 

 

 

二階ステージしたの足場部分で、足場として使っていた丸太の梁を抜いて、

三階の支柱にする作業を行っています。

 

 

 

 

 

 

二階ステージの梁を良く見ると、既に筋交いが出来ているではありませんか!

毛利さんが、ここまで作業を進めてくれていたんですね、ありがとう毛利さん!

 

この太い筋交いのお陰で、二階のステージの揺れはなくなり、しっかり安定しました。

 

 

 

 

 

抜く梁の代わりに、もう一本丸太を差し込み、それをロープで固定。

 

 

 

 

 

 

ここで一度、足場のコンパネを持ち上げて畳替えし。

 

 

 

 

 

 

 

長雨で地面が泥でぬかるんでいるにも関わらず、毛利さんは果敢に

土台の下に潜り込んで作業。

 

正直、今日ほど劣悪な作業環境は無かったです。

皆泥だらけになりながらの作業でした。

 

 

 

 

 

 

足場の板を外す平山さん。

 

 

 

 

 

 

 

ボルトで固定されていた梁をハンマーで叩いて外します。

 

 

 

 

 

 

写真中央の三階の支柱の一本が、まるで接ぎ木のように切られた

枝の上から固定されているのが分かりますでしょうか?

 

毛利さんの手による芸術的な施工です。

 

 

 

 

 

 

二階足場の梁の交換も終わり、次の作業の打合せをする毛利さんと平山さん。

 

 

 

 

 

 

 

今度は、三階の足場をどう組むのか、構想を練っています。

 

 

 

 

 

フライシートの下で一休み。フライが役に立ってますね。

 

 

二階ステージですが、残った作業は梁の部分の塗装のみ。

ただこればっかりは、晴れて梁が乾かないと作業ができません。

 

 

 

 

 

このミニログハウスがある場所は、毛利ヴィレッジ。

一旦、この毛利ヴィレッジに移動して、3階の足場に使う単管パイプを

体験広場まで運ぶことにしました。

 

 

 

 

 

単管パイプを毛利さんのピックアップトラックに積み込みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

平山さんが毛利ヴィレッジにあった切り株にキクラゲを発見!

早速採取していました。

 

「他のキノコは分からないけど、キクラゲだけは分かるから取るようにしている。」

と平山さんが語ってました。

 

ちなみにキクラゲは酢の物にして召し上がるそうです。

 

 

 

 

 

再び体験広場に戻って、単管パイプを搬入しました。

 

 

 

 

 

 

 

持って来た単管パイプの一本を足場として固定。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

更に先ほど、二階の足場の梁で使っていた丸太を支柱として立てて、

今日の作業は終了です。

 

 

 

 

 

 

 

今日の成果を見上げながら、三階の足場組の構想を練る毛利さん。

 

 

 

 

 

 

 

二階の道路側の手すりも、毛利さんの手によってすっかり仕上がっています。

 

今日参加された皆さんお疲れさまでした!

 

来週の作業は、7/13(土)の予定です。

 

author:satoyamaclub, category:体験広場, 14:22
comments(0), -, -
ツリーハウス作り その8

梅雨のすっきりしない天気の中、まだまだ

ツリーハウスの作業は続いています。

 

 

 

 

正面の手すりもほぼ出来上がり、何やら砦のような堅牢な外見になってきた

ツリーハウスですが、ここまで毛利さんがここまでコツコツと作業を

進めてくれていたんですね!本当に感謝です!

 

 

 

 

 

今日の作業は一階ステージに面した部分の低い手すり作りの作業です。

 

 

 

 

 

 

 

 

手すりの枠は既に出来上がっています。

 

 

 

 

 

 

 

ここの木を避けるようにして手すりを作る予定です。

 

 

 

 

 

 

 

正面の手すりも毛利さんの作業のお陰で大分形になってきましたね。

 

 

 

 

 

 

手すりの枠の中に柵となる丸太を固定していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

差し金は長辺に合わせて使う、コレ、毛利さんの教えね(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで資材調達係の野口さん登場!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

豪快に笑う野口さん。

今日の午後に、野口さんの知り合い製材所に角材をもらいに行く予定です。

 

 

 

 

 

 

 

お、どうやらこっち側の手すりもほぼ完成のようですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうして一階ステージに面した部分も無事に手すりが付きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに一階ステージ側から見上げるとこんな感じです。

 

 

 

 

 

 

 

一休みをしながら、今後の作業を打ち合わせる毛利さんと平山さん。

 

 

 

 

 

 

 

 

その様子をドローンで空撮しました(ウソ)。

 

 

 

 

 

 

 

今日のお昼はなんと、毛利邸にお呼ばれして、毛利さん手作りの

九州名物とんこつラーメンを御馳走になりました。

 

 

 

 

 

 

 

これが九州男児(毛利さん)が作った本場のとんこつラーメン!

とっても濃厚なお味で美味しかったです!

毛利さん、御馳走様でした!

 

 

 

 

 

午後の部は佐藤会長宅の目の前にある製材所へ

角材をもらいに行きました。

 

 

 

 

 

 

お、コレいいなあ、欲しいなあ…。

平山さんが見つけたこのオブジェは一体何でしょう?

 

 

 

 

 

 

どうやらこれは端材を燃やすための焼却炉みたいですね。

しかも手作りっぽいです。

 

 

 

 

 

製材所の社長さんがフォークリフトで登場!

 

 

 

 

 

 

 

 

フォークで毛利さんのピックアップトラックまで角材を運んで

もらいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

この角材を積み込んで、

 

 

 

 

 

 

 

 

体験広場まで運び込みました。

 

 

 

 

 

 

 

 

角材に付いている釘を抜いている野口さん。

 

 

 

 

 

 

 

こうして三階を作るのに十分な量の角材が揃いました。

 

 

 

 

 

 

 

そして、俺の役目は終わったとばかりに悠々と引き上げる野口さん。

 

 

 

 

 

 

 

毛利さん達は、もらった角材を加工して、道路側の手すりの

土台作りの作業です。

 

 

 

 

 

 

角材を二階の床下に打ち込み、無事に今日の作業は完了!

 

 

 

 

 

 

 

 

二階のステージもこれで完成まであと一息、という所まで漕ぎつけました。

 

 

今日参加された皆さん、お疲れさまでした!

 

 

来週の作業日は、7/7(日)です。

作業に参加される方は、長くつと蚊取り線香持参で来て下さい。

 

author:satoyamaclub, category:体験広場, 21:40
comments(0), -, -